発達障害に効くサプリメントが遂に誕生した

ウーマン
女性

非医療での解決法

40代になったら更年期障害になるリスクを避けるために、積極的にサプリメントに頼ることをお勧めします。更年期の女性向けサプリメントには、エストロゲンの活性を高めて更年期障害を予防・緩和する効果・効能があります。

脳の発達を助ける栄養成分

服用

脳神経細胞を柔軟に

対人関係や社会的コミュニケーションに問題が生じる自閉症スペクトラム障害には、アスペルガー症候群や広汎性発達障害も含まれます。ADHDと略される注意欠陥多動性障害や学習障害とともに、発達障害と診断された人は社会生活に大きな不安を抱えているものです。いずれの発達障害も脳に何らかの障害があると考えられており、現在の医療レベルでも薬での治療が難しいと言われています。療育などを通じて社会生活での工夫の仕方を学んでいけばそのような人でも環境に適応できますが、食生活の改善を柱とする食事療法も重要です。発達障害の人には全般に偏食傾向も強いと言われており、栄養の偏りが脳の発達に障害を及ぼしている可能性も否定できません。偏食の強い人でもサプリメントを上手に活用すればそうした栄養の偏りをカバーすることができるため、脳の発達を促すことも十分に可能です。青魚に多く含まれるDHAやEPAといったオメガ3脂肪酸はさまざまな健康効果を持ちますが、中でもDHAは血液脳関門を通過できる特性を持ちます。DHAは細胞膜の材料になって膜を柔軟にする働きをしており、脳に入ると神経細胞の細胞膜を柔らかくして神経伝達を活発にしてくれるのです。発達障害の原因は完全には解明されていませんが、脳神経細胞間の神経伝達がスムーズにいっていないことから機能不全が生じるとも考えられます。DHAサプリメントを摂取することで神経細胞の柔軟性が向上すれば、神経伝達もそれまでよりスピードアップするものと期待できるのです。偏食のため魚が食べられないという発達障害の人でも、サプリメントならDHAを効率的に摂取できます。多くのサプリメントはEPAとDHAが同時配合されているため、DHAの配合比率が高い製品を選ぶといいでしょう。成人の場合はDHA500mg以上を含んだサプリメントを毎日飲み続けていれば、脳の健全な発達が促されていくのです。

栄養補助食品

がん予防に良い理由

フコイダンを摂取することにより、癌予防に効果的だと伝えられています。人間の体にはアポトーシスという作用が体内で行なわれ、それはちゃんと行なわなければ癌を引き起こしてしまうようになります。その作用を順調に行なえるようフコイダンが良いのです。

ウーマン

内臓脂肪を減らそう

内臓脂肪がつくと、生活習慣病などを引き起こす原因になるため注意が必要です。ライオンのラクトフェリンは、内臓脂肪を減らす効果があるサプリです。運動や食事制限が苦手な方も、毎日3粒好きな時に飲むだけなので、簡単に健康維持することができます。